パーツ縫い スリットのかんぬき止め

秋が近づき オーダーいただくお洋服も ワンピースやジャケットなど 来たる季節を感じさせるアイテムに 変わってきました スリット入りのワンピースやスカート スリットの長さが歩幅と合わないと スリットが破けたりほつれたりします 注文服では スリットの裏側に かんぬき止めという処理をします このひと手間で スリット明きに掛かる力を分散させて スリットをいつまでも美しく着ることができるんです 縫い目を挟んであき止まりの部分を補強します 2回ほど左右に糸を渡してから その糸をかがり留めます

ビーズ刺繍のエレガントワンピース

昭和の香りのする杢の気配のあるグレーのツイードでワンピースをお仕立てしました かなり味わいのある生地、組織は荒くほつれやすいのですが ヴィンテージの生地で糸の1本1本はとても固く強いウール地 ツイードでありながら張りが強いので シルエットも固い感じの仕上がりになる予感 お客さまのイメージは女性らしく柔らかな感じなので 生地の雰囲気とお客さまのイメージをすり合わせる作業が必要でした そこで、シンプルなデザインにして レースのモチーフをグレーに染めて胸元に付けることにしました そして 控え目にビーズ刺繍を。。。 お手入れはドライクリーニングになるので クリーニングに弱いスパンコールは使わず 同色のアンティークビーズ3種で 陰影をつけるように配置してみました どんなシーンに来てくださるのか楽しみです 長くお召しいただけますように ♥

サーキュラーマント

昨日 マントのお仕立てについてのお問合せをいただきましたので マントのこと書こうと思います 個人的ですが袖のないお洋服が好きです 特にマントは個人的にもよく着ています そのマント姿を見て 欲しいといってくださる方が いらっしゃいましてお仕立て致しました その方は 背が高いので フレアーの分量が多いととても素敵だとひらめき 360°のサーキュラーにしました 肩線の位置で フレアーの出る位置を調整 縫い線も極限まで減らしました 生地選びもとても悩みましたが イギリス産のウール カシミア混 カシミアは お手入れに手間がかかるので カシミアの量が多ければ多いほど お手入れが大変になります お天気によっては着れませんし とにかくとても気を使いますので 日常に着たい方には カシミア混であれば ウールに30%くらい混ざってるくらいが扱いやすいように思います ちょっと 写真では分かりにくいのですが かなりの艶 そして フレアーもとてもきれいに出ました これを着て くるっと振り返ったりすると 肩からふわぁーっと 美しいフレアーが…裾に広がっていきます どんなところにお召しになるのでしょうか? カジュアルにもフォーマルにもお召しいただける一枚です 和服にも合いますよ どうか 長くご愛用いただけますように

散歩して思いを馳せること

暑い夏になりましたね 今年後半に入りまして。。。 運気アップしたいと思いゴールドのフラットシューズを買いました 足元キラキラすると楽しい気持ちが湧きたちますね。。。 ******* 自由が丘から奥沢神社にお詣りしてからアトリエに向かう 15分ほどのお散歩です この道が大好き 金色の靴を観ながら 街並みや外壁に沿っている素敵な木々や 神社の緑を感じながら、秋祭りの雅楽の練習を聞きながら この秋はどんなことをしようかと思いを馳せる アトリエについてからベーシッククラスの課題サンプラーを 額装にして壁にかけました この半年は 清く正しく美しく。。。 みなさまに感謝の心をお伝えしたいと思います なにそれ!といわれそうなあいまいな感じですが心の中は決まっています 秋はその気持ちを刺繍に向けたいと思っています アドバンスドクラスの秋の課題は パリで購入したアンティークレースを使ったクラッチバッグ。。。 美しいバッグになりそうです

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
facebook

『いいね!』を押すと、新作や最新ニュースをいち早くご確認頂けます。↓

だりあ洋装店

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

© 2017 だりあ洋装店 All Rights Reserved

 

東京都世田谷区東玉川2-37-7

​       シティ吉岡ビル1階

 tel: 03-6425-7203

e-mail: info@dahliadahlia.tokyo

 

営業時間 12:00-18:00

定休日 毎週月・火曜日

​